一人暮らしガイド

引越しマニュアル

梱包のテクニック

少しでも効率的に梱包できるコツなど梱包の基本をマスターして引越し後に故障や紛失がないよう、コツコツ丁寧に梱包することが大切です。ここでは、知っておくと便利な荷造りのコツをご案内します。

ダンボールの組み方

ダンボールの組立ては、底の部分を順番に組み込んでガムテープなしで仕上げる方法はダメ。すぐに底が抜けてしまいます。箱の底には必ず補強のガムテープを。できれば箱の底に十字にガムテープを貼るとより一層強化されます。ダンボールの大きさも、数種類用意しておくと便利です。また、書籍なども紐がけだけで済まさず、ダンポールにきちんと詰めましょう。

割れ物の梱包

お皿は直接重ねないで1個ずつ新聞紙などで包みます。
そしてダンボールの底にクッション材を敷き、縦に並べて詰めましょう。
コップも同様にひとつどうしても隙間ができてしまうときは、隙間に丸めた新聞紙を詰めておくのがポイント。
また、刃物は刃の部分を厚紙で巻いてテープで止めておきましょう。

大型家具・家電の保護

業者に依頼をしない場合は、家具などの大きな荷物を運ぶのがいちばんの困難。
よくあるのは運んでいる途中に壁や扉にぶつけること。家具が傷つくのも気分が悪いですが、廊下やエレベータなどの共有部分を傷つけるのも問題。そんな場合に備えて、家具などには毛布をすっぽりかぶせておきましょう。これなら、少しかすった程度で傷がついたりはしなくなります。

布団の梱包

布団はたたんで風呂敷で包むか、布団ケースに入れましょう。
風呂敷も布団ケースもないときには、シーツで包むんでもOK。
また、布団にクッション性があるからといって、布団に割れ物を包んでしまう人がいますが、それは危険ですのでやめましょう。

パソコンの梱包

購入したときに入っていた箱に入れて運ぶのが一番安全ですが、箱は捨ててしまったという人も多いのでは?
その場合は、エアーキャップや、厚手のバスタオルなどを頑丈に巻きつけて、十分注意して運びましょう。どうしても心配な場合は、業者に頼めば、専用の箱に入れて運んでもらうこともできます。もちろんデータのバックアップは必ず取ってくださいね。

  • お役立ちガイド
  • 一人暮らしマニュアル
  • 住まい選びのポイント
  • ご契約の流れ
  • お引っ越しマニュアル
  • 不動産用語集
  • 住みたい街情報
  • 奨学金制度
  • 暮らし便利リンク集