一人暮らしガイド

一人暮らしマニュアル

安全な一人暮らしのために『防犯』

安全な生活をおくるためには自分の責任で様々な危険を回避しなければなりません。ここでは特にひとり暮らしの女性が狙われやすい犯罪の予防について考えてみましょう。

駆け込み場所や交番を確認

犯罪に巻き込まれるのは、意外と住まいの近所が多いようです。住まいの近くは人通りの少ない住宅地であり、ひとり歩きの場合が多く、狙われやすい状況。24時間営業の店舗、交番などまわりの状況を把握しておき、いざという時、走って逃げる場所を確認しておきましょう。

防犯ブザーを携帯

防犯ブザーを鳴らしても誰も助けに来てくれないし、持っていてもあまり意味がないと感じている方も多いでしょう。しかし防犯ブザーは犯人を驚かせるなど、今のところ最も効果のある防犯グッズのひとつ。危険だと思うような道を歩くときは、いつでも鳴らせるようにスタンバイ!室内でも、万が一の場合に威力を発揮します。

オートロックでも確認が必要

見知らぬ人にオートロックを開放しないで下さい。また、オートロックを開ける際に近くに不審者がいた場合は、一度建物から遠ざかり様子をみましょう。一緒に入ってきて、痴漢行為や盗みなどに及ぶケースもあります。オートロックだからといって油断するのは禁物です。

在宅中でも鍵をかけるように

室内にいる時も鍵とドアチェーンをかけるようにしましょう。もし、室内にいる時に侵入されれば完全な密室状態に。室内にいるときこそ鍵をかけて下さい。

ドアチェーンをかけ対応しましょう

見知らぬ来訪者が来た時は、簡単にドアを開けてはいけません。インターホンで対応するか居留守を使いましょう。それでもドアを開けなければならない場合は、ドアチェーンをかけたままで対応しましょう。突然の来訪者ですから決して失礼ではありません。

ベランダ・サッシの開けっ放しに注意

空気の入れかえは非常に大切なことですが、夜中に開け放つようなことはやめましょう。(夜中や外出中の換気には換気窓などを利用して下さい。)

  • お役立ちガイド
  • 一人暮らしマニュアル
  • 住まい選びのポイント
  • ご契約の流れ
  • お引っ越しマニュアル
  • 不動産用語集
  • 住みたい街情報
  • 奨学金制度
  • 暮らし便利リンク集